ホーム > 事業内容 > ノンフロンについて

ノンフロンについて

ノンフロンについて

フロンは燃えにくく化学的に安定しているという特徴や、液化しやすく人体に毒性がないといった利点があります。

そのため、エアコン・カーエアコン・冷蔵庫・自動販売機・飲食品冷蔵・冷凍ショーケース・冷水機などの冷媒(熱を運ぶ物質)・断熱材などの発泡剤・半導体や精密部品の洗浄剤・パソコンなどのダストブロワー(埃吹きスプレー)、など幅広い用途に活用されてきました。

フロンは大別すると3種類あり、CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)、そしてHFC(ハイドロフルオロカーボン)の3種類です。近年では、HFC(ハイドロフルオロカーボン)がよく使われるようになりました。

それは、CFCやHCFCに比べ、HFCはオゾン層を破壊しにくいと言われているためです。

しかし、いずれのフロンも強力な温室効果ガス(地球温暖化を強く促進する物質)であることに変わりはありません。

そのため、現在ではフロンを使わない技術や製品の開発が進んでいます。

これらの製品の普及を促進するため、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)という法律に基づき、行政機関には原則としてノンフロン製品の使用を義務づけています。

また、民間企業でもノンフロン製品が使用されるよう補助事業も行われています。

地球のため、ノンフロン製品の検討を考えてみてください。

「ノンフロン製品を選ぶ」という、ひとりひとりの行動によって地球の未来を変えることができるでしょう。

愛する地球がDr.ストップ!

愛する地球がDr.ストップ!

私たち日本人は、刺身などの生ものを好んで食べるということもあり、運搬から保管、販売まで世界一進んだコールドチェーンシステムの中で生活をしています。

そのため実は冷媒には、まだたくさんのフロンが使われています。スーパーや国内に4万件あると言われているコンビニエンスストアも例外ではありません。

フロンには何十もの種類があり、現在使われなくなったフロンはオゾン層を破壊するごく一部のものにすぎません。

新しいフロンが次々と開発され、今もたくさん使われています。そしてそれらのフロンは地球温暖化を加速させるとても大きな原因となっています。

さらに、全世界で使われている量が急速に増えており、二酸化炭素と並び地球温暖化の要因となる大きな驚異の一つとされています。

省エネ自然冷媒冷凍等装置導入促進事業 導入事例 ※当社の実績例ではございません。

◆オゾン破壊係数ゼロ!かつ温暖化係数の低いCO2冷媒を採用した冷凍機システムの導入

CO2よりもはるかに高い温室効果があるHFC(ハイドロフルオーロカーボン)冷媒は、地球温暖化防止の観点から排出削減が強く求められています。

HFC冷媒を大量に使用するスーパーマーケットなどでは、冷凍冷蔵装置の使用時・廃棄時の漏洩をゼロにすることが非常に難しいため、「自然冷媒利用の冷凍システム」の開発が急がれています。

そんな中、イオンリテール株式会社では2009年より国内スーパーで初めて自然冷媒による冷凍ケースの試験導入を実施・改良を重ね、現在製品としての導入が実施されております。

オゾン破壊係数ゼロ、かつ、温暖化係数の低いCO2冷媒を採用した冷凍機システムをショーケースに

導入先

姫路イオンタウン店

実証者

イオンリテール株式会社

所在地

兵庫県姫路市延末435-3

設備

CO2冷凍機システム

設置スペース

W1.800×D900×H1.200mm

機器

CO2冷凍機 13馬力×1台冷凍リーチインショーケース7尺

×3台、5尺×2台(1尺:約30.303cm)

イオン自然冷媒宣言

イオンは2011年11月、グループ全店舗の冷凍冷蔵ショーケースの冷媒を代替フロンから自然冷媒(CO2)へ切り替える国内小売業では初めての取り組みを宣言しています。国、メーカーとの協力のもと順次、切り替える方針で取り組みを進めています。

CO2ショーケース

CO2ショーケース

設備概略図

設備概略図

《省エネルギー効果》

●エネルギー削減量:25%(同等のR-404A冷凍機との比較)

●省CO2効果:15t-CO2/年(0.555kg-CO2/kWh)

●省CO2効果:31t-CO2/年(冷媒漏洩CO2削減量)

(同等のR-404A冷凍機の充填量50kg、使用時漏洩率16%)

◆アンモニアを用いた効率化ブライン冷却システム

自然冷媒:アンモニアと高効率ブライン冷却装置の組み合わせで実現した先進システム

●アサヒビールはビール工場としては国内で初めて(名古屋工場)、完全ノンフロン化を実現。地球温暖化防止と環境への配慮に最優先に取り組んでいます。

●水平展開として、基幹工場である茨城工場にも、高効率アンモニア冷媒冷却機及びブライン(不凍液)冷却システムを採用。

●高温になったブラインを低温に冷却する方法として、2台のアンモニアの冷却機を直列にし、システムの高効率化を実現。

●ブラインが高温にならない場合は、アンモニア冷却機1台のみを運転させシステム運用効率を向上、フレキシブルな冷却システムを構築。

アサヒビール株式会社 茨城工場

導入先

アサヒビール株式会社 茨城工場

所在地

茨城県守谷市緑一丁目1番地1

規模

387.855㎡

設備

大温度差ブライン冷却装置

機器

屋外型ブライン冷却機、システム制御装置

アンモニア冷却機 全景

アンモニア冷却機 全景

アサヒビール株式会社 茨城工場

《省エネルギー効果》

●エネルギー削減量(電力換算)年間:1.146995kWh/年

《省CO2効果》

●CO2削減量(エネルギー起源CO2削減量)年間:786t/年(電気:0.555kg-CO2/kWh)

※本事業は、環境省の平成17年度省エネ型自然冷媒冷凍等装置の普及モデル事業に採択されました。

メールでのお問い合わせ どんなご相談でも遠慮なく!親切丁寧に対応いたします。
お電話でのお問い合わせお急ぎの方はこちらから